アンテナ工事

屋根裏へ設置メリットとデメリットと条件

デザインアンテナ4色あります!

S__23601155

44000円! 税込!ブースターに工事費や取付金具なども入ったコミコミのパック料金!
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-704-840 0120-704-840
受付時間:8:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-704-840 0120-704-840
受付時間:8:00~19:00

アンテナ工事

安心工事
  • 内容充実の5年保証!

    工事の保証はもちろん、取付けした製品も5年保証!他社と保証内容が違います!

  • 地域密着の強み

    長年、地域密着で高い評価を頂いております。経験を生かした工事で安心!

  • 倒壊しない工事方法

    台風などの強風にも負けない工夫のある施工をしております。

テレビアンテナ

屋根裏への設置

  • REASON
    01

    メリット

    アンテナを屋根裏に取り付けるメリット
    ・外観が全く変わらない。
    ・台風での倒壊の心配がない。
    ・アンテナがサビない。
    ・外壁にビスを打たないので安心。

    などがメリットになるかと思います。

    S__23052314
  • REASON
    02

    デメリット

    ・外に取り付けるより電波の感度が下がる。
    ・ソーラーパネルなどを取り付けると映りが悪くなることがある。
    ・金属製などの屋根材により電波が屋根裏に入らない。
    BSは設置不可。
    ・積雪すると映りが悪くなることがある。
    ・近隣の建築の影響を受けやすい。

    その他デメリットありますが大きなところは上記になります。

    S__23117831
  • REASON
    03

    屋根裏に取り付けれる条件の例

    屋根裏へ設置できるケースの例になります。

    ・屋根裏で安定した電波の感度がある。(強電界地域)
    ・屋根裏にテレビアンテナの設備がある。
    ・屋根裏にアンテナからのケーブルを繋げる配線がある。
    ・人が通れるサイズの天井扉がある。
    ・建物が木造で屋根がスレート屋根や金属製でない瓦屋根。(金属製やコンクリート系は電波がはじかれる。)
    ・ソーラーパネルなし。今後も設置予定なし。
    ・地方局のチャンネルは映らなくても構わない。


    などになります。

    S__23117835
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事